BLOG

AIによるブランド鑑定アプリに関心がわいてきた

ブランド品をAIで見分ける。

ちょっと調べたら
2018年2月、ニューヨークのスタートアップ企業エントルピー社は、自社開発したブランド品の真贋鑑定AI(人工知能)サービス「エントルピー」を日本でも本格的にスタートさせました。同社の日本進出を主導したのは、株式会社カカクコムの親会社でありTwitter日本語版の運営協力や広告販売を行った実績もあるデジタルガレージ社と、大和証券グループが合弁設立した「DGLabファンド」。すでに国内のリユース企業がエントルピーのテスト運用も始まっています。
こんな記事が掲載されてました。出展 https://www.jrits.or.jp/2r-info/2743

そして、最後に

真贋鑑定AIサービス「エントルピー」は、2018年2月時点ではコスト面の問題で急速に普及することは考えにくいといえます。しかし今後この問題が改善されていけば、確実に中古ブランド品市場は大きな変化を求められます。他の分野での人工知能の活躍を考えれば、この変化を食い止めるのは難しいでしょう。どうやって変化に対応し、生かすのか、それが大きなターニングポイントとなるでしょう。

と締められています。

興味があるのでやってみたいけと、本物も偽物も持っていないので実験すらできません。どなたかやってみようと思うリユース企業様いませんか?

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る